事業団について

事業団沿革

平成5年 2月 豊島区社会福祉事業団設立準備会を設置する。
平成6年 1月 設立認可申請を行う。
3月 東京都知事から設立認可書の交付を受ける。(29日)
法人設立登記を行い、社会福祉法人として設立される。(31日)
6月 豊島区立特別養護老人ホームアトリエ村及び高齢者在宅サービスセンターアトリエ村の受託運営を開始する。
平成8年 5月 豊島区立特別養護老人ホーム風かおる里及び高齢者在宅サービスセンター風かおる里の受託運営を開始する。
平成9年 3月 法人事務所を東池袋1-30-6から長崎4-23-1に移転する。
平成11年 4月 豊島区アトリエ村在宅介護支援センターの受託運営を開始する。
5月 豊島区立特別養護老人ホーム菊かおる園及び高齢者在宅サービスセンター菊かおる園並びにケアハウス菊かおる園の受託運営を開始する。
7月 豊島区立高齢者在宅サービスセンター上池袋豊寿園の受託運営を開始する。
10月 豊島区アトリエ村居宅介護支援事業所を開設する。
平成12年 3月 豊島区風かおる里居宅介護支援事業所を開設する。
4月 介護保険の開始により、特別養護老人ホーム、高齢者在宅サービスセ ンター等の事業が介護保険制度に移行する。
豊島区菊かおる園在宅介護支援センターの受託運営を開始する。
豊島区菊かおる園居宅介護支援事業所を開設する。
平成13年 1月 生きがい対応型デイサービス事業(巣鴨ほほえみクラブ)の受託運営を開始する。
平成14年 4月 法人事務所を長崎4-23-1から南長崎6-15-6に移転する。
平成15年 4月 豊島区上池袋豊寿園居宅介護支援事業所を開設する。
平成16年 4月 豊島区立高齢者在宅サービスセンター巣鴨豊寿園の受託運営を開始する。
豊島区立高齢者在宅サービスセンター長崎第二豊寿園の受託運営を開始する。
豊島区巣鴨豊寿園居宅介護支援事業所を開設する。
豊島区長崎第二豊寿園居宅介護支援事業所を開設する。
6月 法人事務所を南長崎6-15-6から長崎4-23-1に移転する。
平成17年 3月 法人事務所を長崎4-23-1から南池袋2-46-13に移転する。
4月 豊島区から受託運営している特別養護老人ホーム(3)及び高齢者在宅サービスセンター(6)を自主経営に切り替える。
豊島区社会福祉事業団訪問介護ステーションを開設する。
6月 2級ヘルパー養成研修事業を開始する。
平成18年 2月 設立12周年並びに自主運営転換記念式典を挙行する。
4月 豊島区から受託運営しているケアハウス菊かおる園を自主運営に切り替える。
豊島区アトリエ村地域包括支援センターの受託運営を開始する。
豊島区菊かおる園地域包括支援センターの受託運営を開始する。
豊島区立駒込第三保育園の受託運営を開始する。
平成20年 4月 法人事務所を南池袋2-46-13から南大塚2-36-2に移転する。
東部地域包括支援センターの受託運営を開始する。
平成21年 4月 豊島区立南大塚保育園の受託運営を開始する。
平成22年 2月 設立15周年記念式典を挙行する。
平成23年 6月 東部居宅介護支援事業所を開設する。
平成24年 12月 法人事務所を南大塚2-36-2から西巣鴨2-30-20に移転する。
平成25年 1月 東部居宅介護支援事業所を廃止する。
3月 グループホーム小菊の家を開設する。
4月 高齢者在宅サービスセンター巣鴨豊寿園を廃止する。
7月 介護職員初任者研修事業を開始する。
平成26年 4月 西巣鴨さくらそう保育園を開設する。
特別養護老人ホームアトリエ村・風かおる里・菊かおる園3棟の建物を区から無償譲渡を受ける。
12月 創立20周年記念式典並びに風かおる里増築工事落成式を挙行する。
平成27年 2月 特別養護老人ホーム風かおる里の定員を50名から62名に変更する。
4月 豊島区社会福祉事業団訪問介護ステーションで障害福祉サービス事業を開始する。
平成29年 7月 長崎第二豊寿園居宅介護支援事業所を廃止し、アトリエ村居宅介護 支援事業所を休止する。
特別養護老人ホーム菊かおる園大規模改修工事が竣工となる。
10月 介護職員初任者研修を廃止する。
平成30年 4月 傾聴ボランティアステーションを開設する。
5月 上池袋豊寿園居宅介護支援事業所を廃止する。
7月 アトリエ村居宅介護支援事業所を廃止する。
平成31年 3月 特別養護老人ホーム風かおる里の定員を62名から66名に、 同ショートステイの定員を10名から6名に変更する。